海外「日本のコメディアンが9.11で人命救助した男性を「余計なことをした」と批判する....」→海外「ありえない...」「人命救助が余計???」「何もしてないやつが偉そうに言うな!!」

15pt   2018-11-09 11:00
暇つぶしにどうぞ @海外の反応


ビートたけし、9.11で人命救助した青年に暴言で炎上 「あの人が余計なことしなきゃ…」

5日に放送された『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)でのある一幕がネット上で批判を集めている。

 この日番組では「赤いバンダナの男」として、9.11テロの際、燃え盛る世界貿易センタービル内で、人々に避難指示を与えたり、自ら救助活動をして10人の命を救い、自身は命を落としてしまった24歳の男性が紹介された。青年は赤いバンダナで口と鼻を覆いながら当時南棟の78階と61階を何度も往復し救助活動を行っており、航空機が直撃した78階以上の生還者18人のうち、10人は青年が救助したことも明かされていた。

 VTR後、ゲストのくりぃむしちゅー・上田晋也は「自分の危険を顧みずにこういうことはなかなかできないじゃないですか」と青年の行動を絶賛していたが、スペシャルパネリストのビートたけしは「18人が残って、あの人が何かやらなかったら、18人より助かったって言ったら怒られるかな?」と発言。ゲストが呆気に取られていると、たけしはさらに「あの人が余計なことしなきゃ、もっと助かった。こっちこっちって言うから、みんな迷っちゃった」と重ねたものの、最後には司会の所ジョージの頭をピコピコハンマーで叩きながら、「なんてこと言うんだ!」とボケで締めていた。

 しかしVTR内では、南棟の航空機が直撃したフロアで、唯一現存していた非常階段を青年が適切に誘導したと紹介。非常階段を使う以外に生存する方法があるということもなく、生存者が青年によって惑わされたというエピソードは一切なかった。このため、たけしの発言を受け、ネット上には批判の声が殺到。「言っていいことと言ってはいけないことがある」「命を懸けた救助活動を『余計なこと』って…ドン引きした」「感動してたのにあの発言は最低すぎる」という声や、「この発言カットしない番組側ってどうなの?」「感動させておいて胸糞発言で視聴者地に落とす番組ってなんなの?」と、番組サイドの責任を問う声も見られた。

 自らの命を懸けてまで救助活動を行い、多くの人を助けたヒーローに対し不適切な発言だったことは事実。いまもネット上には波紋が広がっている。
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。