韓国の反応|レーダー照射問題で真実を書けば国民から吊し上げ!!! ⇒ お前は日本の味方なのか?

69pt   2019-01-12 12:00
ホル韓

広開土大王は日本から300kmも離れていた

第1艦隊の旗艦である広開土大王が、なぜ北朝鮮漁船を救助するために数百km以上も離れた、日本近海まで行ったのだろうか?

最近、韓国・日本間で加熱している‘日本哨戒機レーダー照射’と関連して、社会の一部、特に保守陣営の一部を中心にこのような疑問が提起されている。疑問の核心は、北朝鮮漁船遭難当時、海上警察警備艦が出動したのに、軍の本来の任務に忙しい広開土大王まで、なぜ日本を刺激するほ近隣海域へ出動したかということだ。

一部では‘大統領府による出動指示説’ ‘北船舶が漁船でない他の任務を帯びた船舶だった可能性’まで提起している。

このような疑問は広開土大王が日本本土に近い海域に出動したということに対して、国防部と軍が積極的に否認せず具体的な出動位置を明らかにしなかった為、影響も大きかった。今まで広開土大王が出動を始めた水域と、今回の事件が発生した水域の具体的な位置、広開土大王の具体的な移動時間と距離などは公開されていなかった。

消息筋によれば広開土大王は、一般的にしられていたほど遠い距離を移動しておらず、日本本土から、かなり遠方で事件が発生したという。事件が発生した2018年12月20日、広開土大王は鬱陵島東北側170km余りの水域で哨戒任務を遂行中、午前10時32分に海上警察から北遭難漁船捜索及び救助要請を受けた。

当時、海上警察警備艦より広開土大王の方が、北漁船遭難事件が発生した海域に近く、直ちに事件海域へ向かったという。広開土大王は約2時間航海して午前12時25分に現場に到着した。最大速力で移動しても100km以上を移動しなかったという話だ。

現場に到着した後、日本の最新鋭P-1哨戒機と遭遇し問題のレーダー照射事件が発生した。

事件海域は日本本土(能登半島)から300km余り、隠岐の島からは220km余り離れていた。私たちの独島からは180km余り離れていたという。島を基準とすれば、日本より韓国の方がより近かった計算だ。ただし事件が発生した水域は大和堆漁場近隣で、普段は韓国の艦艇・航空機よりも日本の艦艇・航空機の哨戒水域に入っている場所だという。

これに伴い、このような状況に対して国防部や海軍が積極的に説明しないため疑惑を育てたという指摘も出る。

一部では該当水域が日本の海上自衛隊の哨戒水域に入っていて、過去数年間、北朝鮮を脱出した船舶がしばしば出没し、対北朝鮮制裁の一環で対北朝鮮監視活動が強化された場所なだけに、日本が敏感な反応を見せるという分析もある。

今回の事件に対する韓国・日本間核心の争点は大きく二つだ。一つは広開土大王が日本の哨戒機に向かって射撃統制レーダーを稼動したかということで、もう一つは日本の哨戒機が広開土大王に向かって威嚇飛行をしたかだ。

日本は私たちの広開土大王が追跡レーダー(STIR-180)を照準したと継続して主張し、私たちの側は探索レーダー(MW-08)は稼動したが、追跡レーダーを使用していないという立場だ。広開土大王の射撃統制レーダーは目標物の概略的な位置を把握する探索レーダーと、目標物の位置・高度・速度などを精密に把握してミサイルを誘導する追跡レーダーの二種類がある。普通、追跡レーダーの稼動は攻撃の意志があると見なされ、相手方の鋭敏な反応を招いたりする。

日本のP-1哨戒機が確保した広開土大王レーダーの周波数を公開すれば誰が嘘をついたのか確認できる事案だ。

広開土大王のMW-08レーダーの周波数は4~6GHzで、STIR-180レーダーの周波数は8~12GHzと明らかな差があると分かった。私たちの国防部も日本側に周波数情報を公開して欲しいと促している。日本の一部メディアも周波数公開の可能性を報道したが、1月10日現在まで日本政府は周波数を公開していない。

また他の問題は日本の哨戒機が、広開土大王に150m程度まで近接した‘威嚇飛行’の可否だ。国防部は1月4日公開した反論映像を通じて日本の哨戒機が‘高度150m、距離500m’まで近接して威嚇飛行をしたと明らかにした。日本側は民間航空機の規定を根拠に“150m程度で飛行することができる”としたが、国防部は“日本側が言及した規定は軍用機には該当しない。哨戒機は近接威嚇飛行をした”と反論している。

当初軍当局は非公式に“日本の哨戒機が広開土大王の‘On Top’した。艦艇の光学カメラが撮影した映像もある”という立場を明らかにした。‘On Top’とは哨戒機が艦の頭上を過ぎ去ったという意味だ。だが、今まで公開された映像を見れば、日本の哨戒機が広開土大王近くを近接飛行はしたが、艦の頭上を過ぎ去っていないことが分かった。

また、当時光学カメラで日本の哨戒機の接近を監視してはいたが、これが記録で残っていないと分かった。ある消息筋は“当時、広開土大王の光学カメラは北漁船救助状況の監視および記録に注力していた状況なので、日本の哨戒機は接近を監視だけと理解する”と伝えた。

専門家たちは韓国・日本両国の軍事的な‘レーダー照射’問題が政治的な葛藤で悪化しているのは望ましくないと憂慮した。今回の事案を、国内政治に利用しようとする安倍総理も問題だが、私たちが‘対抗作戦’で出て行くのも憂慮されるということだ。

引用:NAVER NEWS/週間朝鮮

 韓国人のコメント

共感005 非共感000
私たちも北朝鮮のように強く出てみよう。安倍に威嚇飛行をした哨戒機が撃墜されなかった事を幸いだと思い自重しろと

共感008 非共感000
一瞬、朝日新聞かと思ったよ、ふふふ。週間日本に変えたらどう?

共感011 非共感001
日本の支援を受けなければならないと言うやつと、日本への抗議は控えなければならないと言うやつは、日本の支援を受ける親日派のスパイだ

共感003 非共感000
自由韓国党はどの国の人間なのか!本当に大韓民国の政党というのは正しいのか?

共感002 非共感000
どうしてこんなデタラメを書くのか? 北朝鮮は嫌いだが、日本は相手にもしてはならない民族。

共感003 非共感000
日本は永遠の敵である

共感010 非共感002
朝鮮日報は日本の味方をするのか?
※週間朝鮮は朝鮮日報が発行

共感008 非共感002
倭寇日報は安倍の擁護をやめて、チャン・ジャヨン事件でも明らかにしてろよ

共感005 非共感001
やはり朝鮮・・・ 誰の味方なんだ?

共感005 非共感000
この記事は、どのような意味で書いたのか? 私たちの軍艦が外洋を警備するのは当たり前ではないか? 無条件現政府に反対するだけの奴め!! あなたのような人たちがこの国の癌だ!

共感003 非共感001
この記事は何? 誰が書いたの?

共感002 非共感001
この記事を書いた記者は、きちんと兵役を務めたのかあやしいね。

共感003 非共感001
やはり日本日報でしたか、ふふふ

共感007 非共感001
親日朝鮮日報の記者らしい文である。とても情けないね

共感005 非共感001
保守陣営の実体は日本のスパイ、裏切り者である。

共感002 非共感000
この新聞は日本のスポークスマンか?すべて日本の立場だけで書いたゴミ記事

   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。