【速報】韓国国会議員「日本がフッ化水素などの戦略物資を北に密輸してたのを確認した、日本は孤立する」「お~、大逆転カードだね」「チョッパリwww」

36pt   2019-07-11 12:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

ハ・テギョン「日本、フッ化水素などの戦略物資北に密輸確認」





「核開発・生物兵器の製造に活用可能」…国会記者会見


20190711-02.jpg


国会国防委員会所属の正しい未来党ハ・テギョン議員は11日、日本が過去フッ化水素などの戦略物資を北朝鮮に密輸出した事実が、日本の安全保障貿易情報センター(CISTEC)資料で確認されたと発表した。

ハ議員は、国会政論館の記者会見で、「最近、日本の一部で韓国政府の資料を引用しながら、「韓国が核兵器に使用されるフッ化水素を北朝鮮に密輸出したことがある」という詭弁を並べる中、日本の資料ではむしろ「日本が北朝鮮にフッ化水素を密輸出て摘発された」と報告して波紋が予想される」と述べた。

ハ議員が紹介したCISTECの「不正輸出事件の概要」資料を見ると、日本では1996年から2003年までに30件を超える対北朝鮮密輸事件が摘発され、このうち、核開発や生物兵器の製造に活用することができる戦略材料も含まれた。

具体的な事例として、1996年1月、大阪港に入港中の北朝鮮の船舶がフッ化ナトリウム50kgを、2月には神戸港に入港中の北朝鮮の船舶がフッ化水素酸50kgをそれぞれ出荷した。

また、2003年4月、直流安定化電源3台を経済産業相と税関長の許可なしにタイを経由して北朝鮮に不法輸出され、2004年11月には、周波数変換器1台を貨物便を介して中国経由で北朝鮮に渡った。


20190711-03.jpg


2002年9月に凍結乾燥機1台、2008年1月の大型タンクローリーがそれぞれ北朝鮮に輸出された。

この項目は、核兵器や生物化学兵器などの製造に利用されたり、ミサイル運搬用に転用することができる戦略物資と議員は説明した。

このほか、輸出規制品目である3次元測定器2台も2001年10月と11月に二回、日本からシンガポールを経由して、マレーシアに輸出され、このうち1台が再輸出されて、リビアの核開発関連施設の中で発見された。

CISTECは1989年に設立された非政府機関で安全保障戦略物資輸出統制関連の問題を研究するところである。国内の関連機関では、韓国貿易協会の戦略物資情報センター(STIC)がある。

ハ議員は「韓日関係が最悪に駆け上がっている状況で、日本は感情的な対応を自制しなければならない。ずっと無理な主張を展開すると、むしろ、日本が国際社会で孤立するだろう」とし「日本はすぐに不当な輸出規制を撤回しなければならない」と主張した。





   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。