【悲報】韓国人「高純度フッ化水素『脱日本化』、中国原材料の輸入増加を意味するだけだった…」

35pt   2019-08-13 21:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

高純度フッ化水素「脱日本化」、中国原材料の輸入増加を意味するだけ


■韓国経済研究院のセミナー
「化学規制が素材技術力を割って…日本規制産業の発展妨げる」



20190813-06s.jpg


[ソウル経済]日本の輸出規制品目の一つである高純度フッ化水素の「脱日本化」の動きは、中国産の原材料の輸入の増加を意味するだけという分析が出た。

イ・ドクファン西江化学・科学コミュニケーション教授は12日、全経連会議センターで韓国経済研究院の主催で開かれた「素材・部品産業、韓日格差の原因と競争力強化策」セミナーで、「素材部品競争力強化議論は世界貿易構造と科学技術の理解に基づいて開始されなければならない」と述べた。

先月、日本政府が輸出を規制すると発表したフッ化水素は、蛍石に硫酸を反応させて作った「無水フッ酸」を精製して作る。蛍石、硫酸と無水フッ酸はほとんど中国で生産される。フッ化水素国産化をしても、中国から蛍石、硫酸を輸入したり、低純度フッ化水素を取り寄せて加工する過程を経なければならないという意味だ。イ・ドクファン教授は「資源不足国として必要な素材を輸入しなければならないので完璧な国産化は夢に過ぎない」と指摘した。

イ・ホンヘ東義大学貿易学部教授は、日本の高付加価値素材・部品を短期間で代替することは難しいと指摘した。イ・ホンヘ教授は「10年以内に韓国の技術水準が日本の99.5%まで高まっても、残りの0.5%の差で日本はコア競争力で存在することができる」とし、これを解消するための中期術品目を中心とした生産協力と技術投資官民協力、共同法人設立などを提示した。

化学物質の評価と管理規制の違いが韓日素材部品産業の格差の原因として作用しているという分析も出ている。クァク・ノソン漢陽科学政策学科特任教授は「規制の強さは、日本・米国、欧州連合(EU)、韓国の順で、韓日比が克明だ」とし「現在、日本と米国は新規物質だけ申告だが、韓国平安法は新規および既存の物質をすべて申告している」と説明した。化管法管理対象も、韓国は1940種で、日本(562種)の約3.5倍に達する

クァク教授は「日本やEUは、私たちのように産業の発展をおろそかにしない点が最も大きな違い」とし「日本は経済産業省が規制を主導して昨年は約1万4,000の事業所を対象に規制の問題点を聴取したのに対し、我々環境省は、規制を守らなければならない企業さえ納得ができない状況で、「なぜしないのか」と押し通すばかりだ」と強調した。

イ・ドクファン教授はまた、「素材産業は汚くて危険な化学産業」とし「素材産業を発展させるという政府の意志に同感だが、今すぐ問題を解くことができる妙策を出せなければ、これは何の意味のない空念仏になるだろう」と付け加えた。




ttps://ux.nu/OQQhJ
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。