【沈没】韓国人「国内投資家、倒れた韓国市場から脱出し始める…」「年金が…TT」

50pt   2019-08-17 17:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

倒れた国内株式市場去る…アマゾンやグーグル買い入れる2030


33歳の投資家A氏が、今年の海外株式19%増やす
キウム証券海外株式取引の顧客57%が「2030」(20代、30代)
国内株式市場の低迷、高い情報アクセスなど影響
証券会社、イベント、および従業員の評価・教育に焦点



20190817-04.jpg


ソウル西大門区に居住する会社員Aさん(33・会社員)は、昨年までコスピ200などの国内株式と国内債券型ファンドなどに全体の投資資産の約80%程度を投資した。しかし、昨年の秋、米国と中国の貿易紛争が膨らみ、国内の証券市場が倒れて、国内企業の業績が鈍化するのを目撃して、意見を変えた。米国株式に方向を定めたのだ。

彼は両替することなく、0.01株など小数点単位で海外株式を簡単に購入することができる新韓金融投資のアプリを利用してAMDとエスティローダー、ネットフリックスなど、米国の株式を買った。今年に入って16日までにAMDは74.58%、エスティローダーは34.48%、ネットフリックスは10.94%上昇した。昨年まで彼は主に投資したコスピ200指数の収益率は、同じ期間マイナス3.08%であった。

現在4000万ウォン規模のAさんの投資ポートフォリオの中で、海外の株式は約19%を占めている。国内株式と債券型ファンドの割合は、従来の80%から49%に減った。

2030世代が海外株式投資の大手として浮上している。社会生活を開始し、今まさに投資経験を積んでいく、彼らの世代が海外株式の検索を開始し、これらをキャッチするための証券会社のマーケティング競争も熱くなっている。

17日キウム証券によると、先月末基準全体海外株式トレーダーの2030投資家の割合は57%にのぼった。2016年7月末(39%)に比べて、3年ぶりに18%ポイントも増えたのだ。オンライン証券会社であるキウム証券は、国内証券会社の中で非対面登録基準最も多くの口座数を保有していることで知られている。


20190817-05.gif

(中略)

20190817-05.jpg


証券会社の営業戦線でも海外株式の重要性が強調されている。韓国投資証券とミレー・アセット大宇、KB証券と新韓金融投資などはPBや従業員の業績評価指標に海外株式関連の指標を反映している。スタッフの教育にも積極的に乗り出している。

キム・ウルギュ ミレー・アセット大宇グローバル株式本部長は「海外株式の場合、Amazonのような有名銘柄以外は、少しでも離れると情報を得る場所がないリサーチコンテンツを強力に補強する必要があると判断した」とし「本部職員が毎日数十ヶ所で海外株式セミナーを進め月に200~300回ほどのセミナーが開かれ、100時間以上の世界の株式専門コースの講義を義務化するなど、従業員の教育を強く推進している」と述べた。

海外株式投資と関連して注意する点もある。為替レートの変動と税金システムだ。キム・ソンボン三星証券グローバル営業戦略チーム長は「海外株式は、その国の現地通貨での取引が行われるので、個々の銘柄の上昇と下落に伴う変動だけでなく、そのコールの為替レートの変動に為替差益(損)が発生することがあり、証券会社を通じての為替ヘッジは不可能なので、この点を留意しなければならない」と述べた。




ttps://ux.nu/SlruR
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。