【韓国の反応】出演者の妄言そのまま放送する日本の「嫌韓報道」 そこ潜んでいる心理とは?

13pt   2019-09-17 18:00
【海外の反応】じゃぱ速

<アンカー> 

日本の新任オリンピック長官が旭日旗は政治的宣伝物でないとしながら韓国と中国の批判を無視し、昨日(13日)は、日本の新任外相が、韓国が請求権協定を明確に違反したとしながら関係悪化を再び韓国のせいにしました。政治指導者たちのこのような妄言が度を超え、韓国不信を煽っています。 


e205428f.jpg

<記者> 

日本の代表的週刊誌の一つである「週刊ポスト」です。 

今月初め、「韓国なんて要らない」というタイトルで嫌韓情緒をそのまま表す特集記事を載せました。 

読者らの抗議が相次ぐと仕方なく「配慮が足りなかった」と謝罪しました。 

先月27日、日本のある地域放送局の情報番組は、ソウルで起こった日本の女性暴行事件を扱って出演者の妄言をそのまま送り出しました。 

[武田邦彦/中部大特任教授:それなら、日本の男性も韓国女性が(日本に)来ると暴行をしなければならないということですね。] 

このような嫌韓放送報道は偏向した出演者の口を借りて韓国を貶めるのが特徴だが、武藤正敏前駐韓日本大使が最前列に立っています。 

元大使という肩書きで言葉の重さを加えるが、徴用加害企業三菱重工業の顧問だったという事実は、すっぽり抜きました。 

【武藤(9日放送):今ムンジェイン政権の内部を見ると、決してきれいではないでしょう。] 

外部の敵を作って内部結束と安定を得ようとする心理が嫌韓報道に敷かれているという分析が出てきます。 

[柴田武男/聖学院大学講師・社会運動家:国内の問題を韓国の問題にぶつけて「韓国が悪い、日本がこのように悪化したのは韓国のせいだ」という論調が出てきたのです。視聴者に対する欺瞞行為でしょう。] 

日本のある市民団体は、嫌韓報道の事例を収集し、該当報道機関に修正を要求する「ファクトチェック」市民運動にも出ました。 

引用元
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=055&aid=0000758571


以下、韓国の反応をまとめまし
た。

一日1ポチ、応援よろしくお願いします(*・ω・)ノ

 
br_c_4281_1.gif














 
c?ro=1&act=rss&output=no&id=8149919&name
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。