韓国人「核融合炉の核心部品、国内技術で完成」「ナイス!」

54pt   2019-09-17 18:15
かんこく! 韓国の反応翻訳ブログ

「人工太陽」核融合炉の核心部品、国内技術で完成


超高温プラズマの熱が極低温の超伝導磁石に伝達されることを防ぐ装置の開発


20190917-06s.jpg


「地上の人工太陽」核融合炉の核心部品を国内で開発することに成功した。この部品は、核融合エネルギーの国際実験である「国際核融合実験炉「(ITER)の建設現場であるフランス・カダラッシュに輸送される。

国際核融合研究所ITER韓国事業団は、ITERの核心部品である「熱遮蔽体」を国内技術で開発し完成させ最終検査を終えて釜山港を通じてフランスに輸送を開始したと17日、明らかにした。

熱遮蔽体は、核融合炉で超高温プラズマが作られる真空容器と、他の高温構造から出る熱が氷点下269度の極低温でプラズマを作り出す超伝導磁石に伝達されることを防いでくれる装置である。熱遮蔽体は、真空容器、低温容器の二種類に分けられる全体を組み立てると、高さと直径がそれぞれ25mに達し、重さも900tになる。ITER熱遮蔽体は、韓国が詳細設計から製作まで100%責任を負っている部品である。


20190917-07s.png


真空容器と超伝導磁石の間に設置されている「真空容器熱遮蔽体」(VVTS)は、ドーナツ形を40度間隔で分けて9つのセクターに作られた。6セクタの場合、31個のパネルで製作され、昨年8月に仮組した後、設計検証と組立性を確認した。高さ12mのVVTSの設計と製作品の間の許容誤差は、2mmに過ぎないことが分かった。

熱遮蔽体パネルは、国内企業のSFAを介して製作最終段階である銀メッキを行った。銀メッキは、熱遮蔽体のコア技術で真空容器から超伝導磁石に流入される輻射熱を遮断する役割をする。SFAは、大規模熱遮蔽体の表面に8~10㎛(マイクロメートル)の厚さの均一な銀メッキを施した。

このようにして開発された熱遮蔽体は、来る10月中旬、フランス南部カダラッシュのITER建設現場に到着する予定だ。

チョン・ギジョンITER韓国事業団トカマク技術部長は「今回開発した熱遮蔽体は、600個のパネルと、7万本のボルトで組み立てられる装置で、ITER調達品の中で最も要求の厳しい設計と製作条件が要求された」とし「国内協力企業とITER国際機構が一つのチームになっていくつかの技術的な困難を克服するために協力した結果だとすることができる」と述べた。


20190917-08s.jpg


核融合は太陽のように、軽い原子核が融合して重い原子核に変わる原子核融合の過程で減少した質量がエネルギーに変換され、これを核融合エネルギーとする。ITERは核融合エネルギーの大量生産の可能性を実証するために、韓国、米国、欧州連合(EU)など7ヶ国がフランスのカダラッシュに建設する核融合実証炉の超大型国際協力研究開発プロジェクトである。




ttps://ux.nu/uMDRm
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。