韓国人「現代自動車GDIエンジンに欠落!アバンテGDIエンジンから騒音とエンジンオイル減少問題が発生」 韓国経済ニュース

64pt   2017-01-12 19:35
世界の憂鬱


現代自動車が開発したガソリン直噴(GDI)エンジンの耐久性の欠陥が水面上に上った。2010年GDIエンジンの開発以降、初めて適用した準中型セダンアバンテMDでエンジンオイル減少をはじめとするエンジンの騒音現象が続出しているためだ。GDIエンジンはシリンダー内に燃料を直接噴射して燃焼させる方式を借用して出力と燃費を引き上げたエンジンだ。

7de0b044.jpg

特に鉄を打つ音を伴ったエンジンオイルの減少が走行10万キロを超えた車両を中心に発生しており、GDIエンジンが持った構造的な耐久性限界が明らかになったという指摘が出ている。それでも現代車は、一部車両での問題として認識したままの原因究明にも乗り出していない、現代車がエンジンの欠陥を故意に回避しているという批判が強い。

11日時事ジャーナルeが過ぎた一年間、自動車欠陥申告センターに受け付けられた4732件の苦情の件を分析した結果によると、アバンテMDエンジンオイル減少の欠陥申告は昨年9月以降急増していることが分かった。 昨年8月2件を皮切りに9月1件にとどまったエンジンオイル減少の欠陥申告は10月から12月まで3ヵ月間10件に増えた。
c?ro=1&act=rss&output=no&id=5597388&name
   海外の反応アンテナトップページへ
海外の反応の話題が沢山。